VIO脱毛ってどれくらい痛い?体験者の声を集めました!

最近は女性の美意識が高くなり、VIOの脱毛人気が上がっています。
脱毛サロンの料金が通いやすい料金になっているのも理由の一つだと考えることができますね。
VIO脱毛をすることで生理中にムレがなくなり衛生面に対していいのはもちろんのこと、ブラジリアンカットの水着を着こなす為にもオススメの脱毛部位です。
ただVIO脱毛は一番痛い脱毛部位と言われていてインターネットを見ていると様々な口コミを目にしますが、やはり「痛い」と感じる方が多いようです。

 

VIO脱毛経験者の感想

  • 油断していると、イタッとかウッとか声が出てしまう
  • 最初の数回はかなり痛い
  • 私は痛みに弱いので特にIラインは痛くて叫んでしまったくらいです
  • 歯を食いしばり耐えるって感じです

ほとんどの人が痛いと感じるVIO脱毛ですが、実はあまり痛くないという感想もあるんです。↓↓↓

  • 私はそんなに痛くなかったです
  • ワキと同じで我慢できる程度の痛みだった

人それぞれ違うと分かっていても、痛いと感じる意見が多いと不安になってしまいますよね。

 

痛いのは不安だけど挑戦してみたい人が多いVIO脱毛。
どうしてVIOは痛いのか、痛みを軽減する方法はないのか、といった疑問を解消します。

 

脱毛方法でVIOの痛さを軽減できる

脱毛をするときに感じる痛みは、光を照射したときに起こります。
照射された光は高熱を放つので、その熱が毛に伝わり痛みを感じる仕組みです。
脱毛をする際にワキやVIOなどの毛の濃い部分が、より痛みを感じるのは熱の伝わる部分が多いからといえます。
痛みが発生しやすい黒い色素に働きかける脱毛の他にも、脱毛サロンには肌に優しい脱毛方法があるので紹介します。

 

肌に優しい脱毛方法なので火傷の心配や強い痛みは感じない
脱毛サロンの
光脱毛(SSC脱毛)
肌にジェルを塗りその上から光を当てることでジェルの中のカプセルが反応し割れたジェルが皮膚の中に浸透することで毛の成長を抑えていく脱毛方法

 

クリニックと違い光の強さが弱いが、痛みがあり肌トラブルを引き起こす可能性がある
脱毛サロンの
光脱毛(IPL脱毛)
黒い色素だけに反応する光を照射し、光がムダ毛の毛根に含まれるメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)を破壊する脱毛方法

 

肌への負担が大きく、強い痛みや火傷を伴う確率が高い
クリニックの
レーザー脱毛
黒い色素だけに反応する強い光を照射し、光がムダ毛の毛根に含まれるメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)を破壊する脱毛方法

 

医療レーザー脱毛とIPL脱毛のような黒い色素に光を照射して細胞を破壊するとき、強い痛みを感じます。
なので、毛が濃く密集している部位は他の部位よりも痛みが強いということです。

 

痛みが強い部位と弱い部位

比較的痛い あまり痛くない
VIO・ワキ・手足・うなじ 背中・お腹・胸・おしり

 

痛みが強いと言われている部位のワキや手足は輪ゴムで軽くはじかれる程の痛みとよく例えられますが、VIOは衝撃的な痛さと口コミで見ることもあります。
VIOはワキや手足より毛が密集していて比較的しっかりとした毛が生えている人が多いので、一般的に痛みが一番強いと表現されています。

 

そしてレーザー脱毛とIPL脱毛のように、黒い色素に働きかける脱毛方法は肌への負担が大きく強い痛みや火傷を伴う確率が高い脱毛方法になります。
一方、SSC脱毛はジェルを浸透させて毛の成長を抑えていく脱毛方法なので肌にも優しく火傷の心配もありません。
黒い色素に反応する仕組みではないので、VIO脱毛の痛みも軽減できる脱毛方法です。
またVIOはデリケートな部分なので、体調によって痛みが出る場合もあります。
生理前や睡眠不足といった肌の免疫力が落ちているときはなるべく避けましょう。
スタッフさんと会話をしながら施術してもらうことも気が紛れて痛みを感じにくいのでオススメです。

 

あまり痛みを感じないと口コミをしている人たちはおそらく体調管理をしっかりして、スタッフさんとのコミュニケーションも取っていたのかもしれません。
乾燥肌の人の方が痛みを感じやすいと言われているので保湿をしっかりしておきましょう。

肌への負担が少ない脱毛を選ぶ事が痛くない脱毛への近道

強い痛みを伴うレーザー脱毛ですが、1回に照射する光が強いので効果が出やすくムダ毛がなくなるまでの回数が少ない脱毛方法です。
早くムダ毛をなくしたいからといって痛みを我慢しても、そに分肌へ負担をかけているので肌トラブルが起こりやすくなっています。
レーザー脱毛で一番起こる可能性が高い火傷ですが、火傷をすると肌細胞が肌の奥にある真皮層(皮膚を作りだす細胞)を守ろうとメラニン色素を作りだします。
このメラニン色素が色素沈着を起こして肌に残る可能性もあるのです。
肌に負担をかけることで、肌機能が低下し水分を蒸発させてしまうと乾燥肌になってしまうリスクもあります。
ムダ毛をなくすためにレーザー脱毛に挑戦しても逆に肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるので、肌へ負担をかけすぎないように注意しましょう。

 

デリケートなVIO部分には肌に優しいSSC脱毛で肌トラブルを回避

レーザー脱毛やIPL脱毛は黒い色素に働きかけるので毛が濃く密集しているVIOは強い痛みを伴います。
また光が強いレーザー脱毛は肌への負担が大きく火傷をすることもあり、強い痛みを我慢しなくてはいけません。
しかしSSC脱毛は、レーザー脱毛やIPL脱毛と脱毛の仕組みが違い、ジェルを肌に浸透させて毛の成長を抑えていく脱毛方法なので黒い色素に反応して出る痛みも感じません。
VIOはどの部位よりもデリケートな部分なので火傷などのトラブルなく脱毛するために肌に優しいSSC脱毛方法がオススメです。