脱毛を自宅でする方法をまとめてみました

脱毛は女性にとっては切っても切れない美容ケアの一つですが、やり方にも色々と種類があり、効果においても脱毛方法で異なってきます。このページでは自宅でできる脱毛方法を詳しく説明していきます。

 

まずは費用を最低限に抑えた脱毛方法として、ツイザー(毛抜き)やカミソリ、脱毛クリーム、脱毛テープを使うというオーソドックスな方法がありますね。
誰もがこの方法のどれかを一度は経験したことがあると思いますが、できればこれらの脱毛方法は続けて欲しくありません。
それぞれの方法に人体に対する大きなリスクが存在するからです。

 

ツイザー(毛抜き)
毛を無理矢理抜くので毛根に余計なダメージがかかり、お肌に良い影響を与えません。また、広がった毛穴に雑菌などが入り込むとニキビの原因となったり、酷い時は化膿して皮膚科で診て貰わないといけなくなります。抜き損ねた場合、埋もれ毛の原因となるので注意!

 

カミソリ
肌を刃物で削っているのと変わりない行為なので、確実にお肌を傷めてしまいます。いくら肌に優しいタイプのシェーバーを使ったとしてもお肌を削っている事には変わりありません。乾燥肌や敏感肌の原因となってしまいます。

 

脱毛クリーム
肌に合う合わないの差が激しい脱毛方法です。脱毛クリームはアルカリ性のものが多くタンパク質に反応して毛を溶かすというメカニズムですが、実は人の皮膚もタンパク質で形成されている部分が多いのです。という事は、皮膚も一緒に溶けてしまっているという事ですね。必然的に外部刺激に弱い肌が出来上がってしまいます。

 

脱毛テープ
粘着力のあるテープを貼ってバリ!っと一気に引き抜くタイプの脱毛方法です。毛抜きと同じく毛根ダメージを与え毛穴も広がってしまいます。それだけではなく、皮膚の油分や必要な細胞までもテープにくっ付いて剥がれてしまうのでカサカサ肌になりやすいデメリットもあります。
このようにケチった脱毛をした分だけ、お肌に悪影響を及ぼすという事を覚えておいてください。

 

では、家庭用脱毛機はどうでしょうか?
最近ではネット通販などで脱毛機がよく売れていて大人気であるという話を聞きますが、実は家庭用脱毛機にも意外な落とし穴があります。
それは素人では脱毛機を使いこなせない事が多いからです。
説明書を見ながら使えば誰でも使う事ができますが、その意味での「使いこなす」ではなく必要な時に適切な処置をするという意味の「使いこなす」事がなかなかできません。脱毛に熟知した者が使わないと優秀な道具もその効果をうまく引き出せずに終わってしまうという事ですね。
また脱毛機の本体価格も4〜7万円とそれなりの価格で、使い続けるとなるとカートリッジ代など細かな費用もかかるので経済的に案外厳しかったりします。
使い方を間違えると火傷をしてしまうリスクもあるので、その点もよく考えてから購入するべきでしょう。

 

自宅での脱毛は手軽にできる反面様々なリスクを伴うという事をよく覚えておいてください。

 

できるだけ低リスクで脱毛をしたいという人は少し面倒かもしれませんが、脱毛サロンなどに通う事が一番手っ取り早いです。
脱毛サロンでは脱毛のプロが常にお肌の状態をチェックしながら施術をしてくれるので、肌トラブルになる可能性が最も低く安全にムダ毛処理ができます。
キャンペーンをうまく利用すると費用もかなり抑える事ができるのでオススメですよ♪