脱毛前にしておくこと|意外と知らない注意点|

脱毛サロンやクリニックには脱毛をしに行くのだから前もって毛を剃っておく必要なんてないよね?と思ってムダ毛ボウボウな状態で脱毛サロンに行くと施術を断られてしまう事があります。
ムダ毛が長い状態だと黒色色素に反応する光エネルギーがムダ毛の部分に集中してしまい毛根へ届かずに満足のいく脱毛効果が得られないからです。
だからと言って目視できないくらいキレイに剃ってしまったり、ムダ毛が恥ずかしいからと言って毛抜きで丁寧に抜いたりすると、今度は逆に光エネルギーが作用する黒色色素が出ていないため施術をしても全く効果が出ません。
だいたいの脱毛サロンではカウンセリング時に貰うパンフレットなどに注意事項として書かれていますが案外見落としがちなのでしっかりと覚えておきましょう。

 

■脱毛前にしておく事
・シェーバーなどでムダ毛を1〜2mm残した状態で自己処理しておく

 

■脱毛前にしてはいけない事
・日焼けをする(肌の黒色色素が増えるので施術不可)
・タトゥーを入れる(日焼けと同じ理由)
・毛抜きで抜く(光が作用する黒色色素が無いので効果ナシ)
・ツルツルになるまで剃る(毛抜きと同じ理由)
・飲酒(↓の説明を参照)

 

飲酒?お酒は脱毛と無関係なのでは?と思われがちですが、お酒を飲むと身体中の血行が良くなって皮膚に熱を持ち赤くなります。
この状態で光脱毛の刺激を与えると皮膚が敏感になりすぎているため、軽い炎症を起こしてしまう事があります。元々皮膚が弱い人に関しては数日間ヒリヒリした状態でろくにお風呂にも入られないような痛みが続く事もあるので要注意です。

 

このように「しておく事」「してはいけない事」を知っておかないと、せっかく脱毛サロンに行ったのに何もせずに帰るという全く意味のない事になってしまったり、実際に施術をしても効果が全く出ない、皮膚が荒れるなど、マイナスになる部分が多いので注意しておきましょう。不明な事が少しでもあれば脱毛前のカウンセリングで確認して、脱毛に関しての正しい知識を持つようにして下さい。

 

>>カウンセリングが丁寧で親切な脱毛サロンを口コミ人気ランキングでチェック!<<