キャンセル料も考慮した脱毛サロン選びが大切!

脱毛サロンを予約していても、急に体調が悪くなったり生理の期間がずれて予約している日とかぶってしまい泣く泣くキャンセルなど、他にも急にキャンセルをしないといけない予想外の事態が起こることがありますよね!
キャンセル料金やペナルティについての情報は、脱毛サロンを選ぶときの重要なポイントになります。

 

やむを得ない理由でキャンセルをする時に「キャンセル連絡があと数時間早ければキャンセル料を払わなくて済んだのに!」という失敗をしないためにも、どの脱毛サロンではどの時点でキャンセル扱いになるのか?という事を知っておく必要があります。

 

まずは各脱毛サロンでキャンセル料がかかるケースを紹介します。

 

脱毛サロン別 キャンセルと遅刻 ペナルティ発生のボーダーライン

キャンセル料発生 遅刻ペナルティ発生
ミュゼ キャンセル料・ペナルティなし
シースリー 施術前であれば
キャンセル料・ペナルティなし
キレイモ 施術当日の連絡 15分以上遅れ
エピレ 10分以上遅れ
銀座カラー 施術前日
19時以降の連絡
15分以上遅れ
脱毛ラボ 施術前日の連絡 10分以上遅れ

このように、脱毛サロンによってキャンセルとみなすボーダーラインが違っています。
また遅刻は10分以上遅れる場合、キャンセル扱いやペナルティが発生することがあるので、遅れると分かった時点ですぐに店舗に確認の電話をしましょう。

 

急に生理が来てキャンセルの場合はどうなるの?

生理中の施術についても下の表のように脱毛サロンによって判断が分かれます。

ミュゼ VIO以外なら施術OK
シースリー 生理5日目まで施術NG
キレイモ 生理中は施術NG
エピレ VIO以外なら施術OK
銀座カラー
脱毛ラボ 生理中は施術NG

施術NGの脱毛サロンだとキャンセル扱いになるので、もう一度予約を取り直さないといけません。
生理中は肌荒れしやすくなったり、ホルモンバランスが乱れて体調が悪くなることもあり、ベットで長時間寝ているだけでもツラい人もいますよね。
そういった生理の症状がひどい時、当日でもキャンセル料がかからないミュゼやシースリーなら安心です。

 

では、キャンセルとみなされたり、遅刻をしてしまった場合、キャンセル料金はいくらかかるのか?どんなペナルティがあるのか?という事が気になると思います。
各脱毛サロンの公式サイトでキャンセル料の事を調べても詳しく書かれていない(見つけにくい場所に書かれている)事が多かったので、一覧でチェックできるように各サロンのキャンセル料金とペナルティ内容を調べてまとめました。

脱毛サロン別 キャンセル料金

遅刻 キャンセル
(当日連絡)
ドタキャン
(連絡なし)
ミュゼ キャンセル料・ペナルティなし
シースリー 施術前であれば
キャンセル料・ペナルティなし
キレイモ 1回分消費(月額制プラン)
エピレ コース時間短縮
or
施術不可
(当日の状況による)
キャンセル料
1000円
キャンセル料
2000円
銀座カラー ・1回分消費(回数契約)
・キャンセル料2000円(回数無制限契約)
脱毛ラボ 1回分消費+キャンセル料1000円

銀座カラーのように、回数制のコースの場合は施術1回分を消費、回数無制限コースであれば2000円のキャンセル料を払う、といったサロン内でもコースによって料金や支払い方法が異なる場合もあるので要注意です。

 

意外と気を付けないといけない剃り残し

脱毛サロンでは予約前日に自己処理として、脱毛箇所をすべて剃って脱毛の用意をしなければいけません。
剃り残しがあると脱毛の効果に影響がでることから、シェービングは重要視されています。
そのため、脱毛サロンでは剃り残しがあった場合シェービング料金が別途発生したり施術できないと判断されることもあります。
このような剃り残しについて、脱毛サロンの対応をまとめました。

 

ミュゼ

サロンでのシェービングは行っていないので、剃り残し部分を避けての照射になります。
襟足・背中上下・ヒップ奥のみ、スタッフの方が手伝ってくれます。

 

シースリー

背中やOラインなど背面のパーツは自分で剃れないので、店舗側で無料でシェービングしてくれます。
ワキや腕の剃り残しも少しなら無料でシェービングしてもらえますが、あまりに毛が残っていると避けての照射になります。

 

キレイモ

月額制で通っている場合、剃り残しがあるとシェービング代金1回1000円(部位ごとではなく全身)が発生します。
有料でシェービングをお願いしない場合、剃り残し部分は避けて照射することになります。
回数パックの場合、どの部位でもシェービングは無料です。

 

エピレ

剃り残しがあった場合、シェーバーを持参していないとお店で剃ってもらえません。
その場合、エピレでシェーバー(3000円程)を購入するか、施術できないかのどちらかになります。

 

銀座カラー

電動シェーバーを持参した場合、無料で剃り残しを手伝ってくれます。

 

脱毛ラボ

剃り残しだと指摘された場合、シェービング代金1回1000円(部分ごとではなく全身)を請求される。
また顔・VIOの場合は追加で500円発生します。

 

剃り残しがあった場合脱毛サロンでシェービングしてもらうと、その分時間がかかってしまうのでなるべく前日の自己処理はしっかりとしておきましょう!
背中や襟足など自分で届かないところは手伝ってくれるサロンも多いので無理に剃ることはないです。
VIOは特にデリケートな部分で、自分で剃って傷をつけると大変なので、不安に思ったことは脱毛の知識が豊富な脱毛サロンのスタッフさんに任せましょう。

脱毛サロンで入れた予約をキャンセルすると、せっかく取った予約が白紙に戻ってしまい、再度取り直す事になってしまいます。
もちろん予約キャンセル優遇枠なんて都合のよいものは存在しないので、サロンが混雑する時期は次の予約が半年後以降!なんて事もあります。
施術ペースの遅れは脱毛効果のスピードにも大きく影響するので、早くツルツルになりたい!この日までにムダ毛を無くしたい!と考えている人は、「生理予定日の前後や予定が入りそうな日は予約を取らない」という風にできるだけキャンセルをせずに済むような予約の取り方を心がけましょう。

 

ただ、それでもキャンセルをしなくてはいけない事もあります。
そんなもしもの時の為にキャンセルのペナルティーがないサロンを最初の段階で選んでおきましょう!