電気脱毛の脱毛方法

電気脱毛は電気を利用した脱毛手法です。 また、電気脱毛は、別名針脱毛とも呼ばれている手法で、プローブと呼ばれる細い針を、毛穴に挿入してから、そのプローブに微量な電流を流す事で、毛根部分にある発毛細胞組織に熱を加え、発毛が行われないようにしていく手法です。 この脱毛手法は、主に脱毛を可能にするエステサロンなどで利用されている脱毛手法になります。 電気脱毛は、針を毛穴に挿入しますので、痛みが起きるというデメリットが有ります。 しかし、微量な電流を流して毛根組織を破壊していきますので、永久性を得られると言うメリットがあるのです。 痛みに耐える事がこの脱毛の効果を得られると言うことになるわけですが、痛みは強く感じると言います。 また、エステなどの脱毛サロンの場合は、麻酔の取扱いを行う事が出来ませんので、脱毛の施術を受ける際には、針の挿入における痛み、電流を流した時の痛み、そして電流が熱に返還される際の熱感の痛みと言うものが起きることになります。 また、痛みと言うデメリットの他にも脱毛における処理時間が長くなると言うデメリットも有ります。 毛穴1つ1つにプローブを挿入しては電流を流して処理をしていきますので、脱毛を行う範囲が広いほど時間が掛かります。 これは医療レーザーや光脱毛とは異なる点と言えます。 但し、医療レーザーはエステサロンなどでは利用する事が出来ない方法です。 電気脱毛の効果は絶大である事と、部分的に毛を残して、デザインを作り上げる事が出来ると言うメリットが在る方法でもあるのです。